答えは常に風のなかにある!

気象人・農業人・報徳人_清水和繁のプロフィール

  • 愛媛県八幡浜市日土町のみかん農家に生まれる。
  • 平成7年9月 「気象予報士」の資格を取得し、愛媛県初の気象予報士となる。
  • 平成7年から平成12年まで NHK松山放送局「えひめイブニングニュース」の「週末気象情報」を担当。
  • 平成8年 4月 気象予報士では始めて、インターネットにホームページを開設。
  • 農業との関わりは、大学の農芸化学科で化学分析や植物の生理活性物質などについて学ぶことから始まる。
  • 昭和51年 4月 愛媛県経済農業協同組合連合会に入会。
             農協土壌診断事業を創設、科学的なデータに基づく”土づくり”を推進する。
  • さらに米の食味分析に従事、日本初の”米食味管理情報ネットワーク「愛ライン」”を構築し、科学的なデータに基づくID稲作」、「農業のQC活動を提唱する。
  • 平成8年から平成13年まで「えひめ雑誌」(発行:愛媛新聞社)に「ウェザーアイ」を連載
  • 平成14年  愛媛みかん公式サイト「えひめ村」を構築し、農業情報プラットホームづくりに取り組む。
  • 平成14年  全国に先駆けて「えひめ型トレーサビリティシステム」を構築。
           
    「えひめフルーツセキュリティプログラム」による青果物の収益構造改革を実行する。
            
    「農業はバラツキの産業である」は持論。
  • 平成16年4月から、公益財団法人えひめ地域政策研究センターに在籍。
     研究員として、地域づくり情報誌「舞たうん」誌の発行「地域づくり人養成講座」を企画し、地域づくりの人材養成にたずさわる。
  • 平成16年  「えひめ朝フルの会」を結成。
       フルータリアン(果物食主義者)として”フルーツで朝食を”(通称:朝フル)の実践と普及をはかる。
  • 平成18年 2月 トークバトル「地域の自立とはなにか!」を企画。
     地域の自立は経済的な自立であるという視点に立ち、四国を代表する4人の地域アントレプレナー達と地域づくり研究サロンを開催する。4人の地域アントレプレナーとは、東谷望史氏(高知県馬路村)横石知二氏(徳島県上勝町)若松進一氏(愛媛県双海町)森本純一氏(愛媛県内子町) 
  • 平成19年10月号の「健康」誌(主婦の友社)
             
    健康雑誌「安心」に続きライフ・スタイルが取りあげられ”健康人”として紹介される。  
  • 平成20年 4月 「サプリメントアドバイザー」(JNF認定)」の資格を取得、Nutritionistとしての活動を開始。
  • 平成20年12月 観光カリスマでもある若松進一氏が「年輪塾」を開塾
              塾頭としてリアルとバーチャルが融合した私塾活動を展開。
  • 平成21年11月 年輪塾の第一期テーマ「宮本常一学」の公開セミナーを開催。
              特別講師としてノンフィクショク作家 佐野眞一氏をお招きする。
  • 平成22年1月  年輪塾の第二期テーマ「二宮尊徳学」に取り組む。
              テキストとして「二宮翁夜話」233話を独自編纂、ネット配信をおこなう。
  • 平成22年 7月 八幡浜市日土町に「あらし山年輪塾」を開塾。「尊徳塾」を主宰
  • 平成23年 1月 年輪塾の「学校の金次郎像」の一斉調査を開始。
  • 平成23年 3月 全国農業協同組合連合会愛媛県本部を退職
  • 平成23年 4月 愛媛県農業協同組合中央会にて、コンプライアンス業務に従事。
  • 平成23年 6月  ”バンジョー弾き”としての活動を再開。American Old Time Musicの演奏修行中。
  • 平成23年10月 年輪塾の「学校の金次郎像」の一斉調査のデータを取りまとめる。
  • 平成23年11月 年輪塾の「尊徳学」の集大成として「尊徳公開セミナー」を開催。
              二宮尊徳七代目ご子孫である中桐万里子さんをお招きする。
              場所は、現役最古の木造校舎である伊予市双海町の翠小学校。
  • 平成24年 4月  「リスク・マネジャー」(リスクマネジメント協会認定 RMA1204026)の資格を取得。
  • 平成26年 1月  年輪塾の第四期テーマ「中江藤樹学」に取り組む。(第三期のテーマは「ジョン万次郎学)
              「大學」の素読用テキストを作成し、大學のNet講話に取り組む。
  • 平成27年 4月 農業のリスク・マネジャーとして、リセット&再起動
             「KIDO リスク・マネジャー オフィス」を設立する。
             ”KIDO”とは、わが家の代々の屋号である”城戸”。
  • 平成27年 9月 株式会社 経済法令研究会の認定講師として、JAの教育・研修に携わる。
              JA金融法務誌に、「経済事業のコンプライアンス」の連載開始。
  • 平成27年10月 年輪塾の「中江藤樹学」の集大成として、「藤樹学公開セミナー」を開催。
             場所は人間牧場。特別講師として、中江 彰さんをお招きする。
  • 平成27年11月 株式会社 ハレックスのアドバイザーとして「坂の上のクラウド コンソーシアムにおいて
             農業気象クラウドの実用化に取り組む。
  • 平成28年3月 特定非営利活動法人「坂の上のクラウド利用研究会」を設立し、理事&気象予報士
            
    して、
    農家の農家による農家のための気象情報配信事業を展開する。
  • 平成28年7月 掛川報徳館7月常会(第1689回)に「金次郎さんに学んだ生き方」と題して講演。
             これを契機に、公益社団法人 大日本報徳社の社員となる。
  • 平成29年1月 年輪塾「処志」要綱により処志師範として「あらし山年輪塾」を処志道場とした活動を開始。
  • 平成30年2月 あらし山「報徳塾」を開塾
             二宮金次郎の「報徳」と宮澤賢治の「農民芸術概論綱要」を融和させた取り組みを展開!

「倚りかからず

 もはや
 できあいの思想には倚りかかりたくない

 もはや
 できあいの宗教には倚りかかりたくない
 
もはや
 できあいの学問には倚りかかりたくない
 
もはや
 いかなる権威にも倚りかかりたくはない

 ながく生きて
 心底学んだのはそれぐらい

 じぶんの耳目
 じぶんの二本足のみで立っていて

 なに不都合のことやある

 倚りかかるとすれば
 それは

 椅子の背もたれだけ

   (茨木のり子 「言の葉」より)