平成16年度

食品トレーサビリティ

中国四国地域セミナー
【基調講演】
【システム・装置・機器展示】
 
     
    
                               
                    展示会来場者の様子

【開会挨拶】
    中国四国農政局次長  本村裕三 氏
講演される新山先生
「食品トレーサビリティ確保の国際動向とトレーサビリティの要件」

京都大学大学院 農学研究科 教授 新山 陽子 氏
【実施概要】

■実施時期
  平成16年12月3日(金)
■開催場所
  岡山コンベンションセンター
  1Fイベントホール
  岡山市駅元町14番1号


■参加者:144名


【実施した内容】

(1)トレ−サビリティ
  セミナー
  ?報 告
  
(2)システム装置・
  機器展示
  国内機器メーカー等
  21団体
【基調報告】
「信頼の”手と手”をつくる架け橋構築
         ―えひめみかんのトレーサビリティ―」
 
(財)えひめ地域政策研究センター
まちづくり活動部門 研究員 清水 和繁 氏
〜講演会会場の様子〜
トレーサビリティ中国四国地域セミナー講演会会場の様子
食品トレーサビリティの国際動向と、農林水産省が策定した日本の食品トレーサビリティガイドラインの要点として、定義、意義・目的、留意点及び導入する際の要件等について、ご講演頂きました。
講演される清水研究員
全国に先駆けて行われた、みかんにおけるえひめ型トレーサビリティの特色及び新たな仕組みとして、アグリ(フード)・サプライチェーンマネジメントの構築の必要性等について、ご講演頂きました。